書き損じハガキを手数料の現金支払いナシで交換する方法

どうもごんざです(´∀`)

本日は「知っている人にはもはやどうでもいい」情報をお送りしたいと思います(´∀`)(←そそられねぇーw)

2018年年賀状の当選番号が発表されましたね!(・∀・)

ごんざ家は今年、届いたハガキ & 書かなかったハガキ ぜんぶで110枚ほど年賀状があったのですが、

まさかの1 枚 も 当 た ら ずww

 

切手シートって、100枚に2枚は当たるんですよね?(´∀`;)ナゼジャー

 

今年当たらなかったのはまぁいいとしても、問題なのは

去 年 も 1 枚 も 当 た ら な か っ た こ と です・・!・゜・(つД`)・゜・(笑)

去年も同じくらいあったんですけどね・・!w 年賀状が1枚も当たらなかったことなんて去年が初めてだったのでそのことだけでもちょっと驚いたんですけど、2年合計で200枚以上もあって1枚も当たらないって、一体どういうことだろうwww

ごんざ友人には

ごんざフレンド
前厄、本厄だからじゃね(´∀`)

と言われましたw

ということは来年も後厄により1枚も当選しないと思います(´∀`)(ちーんw)でもこんな軽い厄でいいんですかね笑

200枚以上もあって1枚も当たらないとかむしろ強運ですよね!(´∀`)ヒラキナオリ!w

 

ごんざ家の悲しい出来事はありつつも、書き損じハガキなどを交換してもらうべく郵便局に向かったごんざでした(´∀`)

交換手数料は現金以外でも支払い可能!

交換してもらうハガキは27枚。

交換価値としては52円×27枚=1404円分。交換手数料は1枚あたり5円かかるので、手数料は135円かかることになります。

ごんざが今まで取っていたのは、

  1. 交換手数料を現金で支払う。
  2. 交換価値分の切手・ハガキをもらう。

という方法でした。

 

そう。今まで私は知らなかったのです。

交換手数料って、現金以外にも切手で支払いが可能です!(・∀・)

なので、

  1. 交換価値分の切手・ハガキをもらう。
  2. その中から切手で手数料を支払う。

という手段をとれば、現金の手出しは不要になるのです!(・∀・)

ごんざが行った郵便局のお姉さんに

ごんざ
手数料をこれから交換する切手で支払いたいんですけど・・・

と伝えたら

郵便局員
交換手数料分を差し引いて交換しますね!

と対応してくれました。(手数料分の切手をお姉さんはちゃん取ってましたよ!)

得しているわけでは全くないのですが、現金を支払う必要ないのが私的にはちょっぴり得した感があるのです(´∀`)w

今回は交換額が少し多かったので、簡易書留用に310円切手なども混ぜ込んで交換してもらいました!(・∀・)

当選ハガキ&書き損じハガキは忘れないうちに交換しに行きましょう!

当選ハガキは今年の7月17日まで交換が可能です!が!「今度いこー今度いこー(´∀`)」とか言ってるうちに期間が過ぎてしまう・・・!ということは起こり得ますので、交換はぜひお早めに〜!(・∀・)

TVボードに登頂2号。このあと成功してしまいましたw

応援クリックしていただけたら嬉しくて小躍りします。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友林業へ 

2+







コメントを残す